teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新サイトに移行します。

 投稿者:エスオメール  投稿日:2008年10月 1日(水)14時19分53秒
  こんにちは、
エスオープランニングは、2008年より新サイトに移行します。

コラムは、「エス夫のホテホテ日記」~「Sandy's blog」として新しくなります。

今後とも、
よろしくお願いいたします。

「Sandy's blog」
http://blog.myspace.com/sandytokyo

エスオープランニング・ネット
http://so-planning.net

Thank's By esuokun

http://so-planning.net/

 
 

「のんびりバーベキューだよ!お花見会」

 投稿者:エスオメール  投稿日:2008年 3月24日(月)16時19分51秒
  こんにちは、

お花見のご案内です、

いつからか、春は花粉が飛散し、黄砂が山盛りで、
東京は、黄色く染まっています。

こんにちは、エスオっす。

さて、
今回は、ちょっと趣向を変えて、「のんびりバーベキューだよ!お花見会」
を開きます。

場所は、春のうららの隅田川をながめつつ、
と言うことで月島の隅田川テラスになりました。

ジューシーなBBQとおいしいワインで、今からから楽しみです。

ぜひぜひ、お早めに、ホテホテ日記からご参加したい方は、
メールで参加希望を入れてくださいね。

では、どうぞよろしくお願いいたします。

お友達、お仲間、お誘いの上、
お気軽にご参加ください。



日時 2008年4月6日(日)
    午後12時~4時、(準備をし隊、ご希望の方は、11時~現地集合)
場所 月島、隅田川テラス、
   (石川島灯台跡の下、リバーポイントタワーの左の川沿い)

会費 2,800円(お料理とお酒をご用意する予定です、
         よろしければドリンク~1品お持ちください)

雨天の場合は、月島ゲストルームにて開催(予定)。

参加ご希望の方、出席の返信を3/30(日)までメールでご連絡ください。

-----------------------------------
エスオープランニング
山藤

〒104-0051 東京都中央区佃2-19-1-2107
TEL 03-5166-0661
FAX 03-5166-0662

add   soplan@oo.em-net.ne.jp
URL  http://so-planning.net

http://namcotravel.jp/user/morita4171/w41093/

 

映画、「パプリカ」の巻

 投稿者:エスオメール  投稿日:2008年 2月 6日(水)10時03分56秒
  パプリカです、筒井康隆です、精神異常(キチ○イ)のお話しです。
ということで、映画「パプリカ」を見ました。

アニメと言うことで、ちょっといままで敬遠気味でしたが、
見てびっくり、どっきり、ひゃっくりでした。

ストーリーは、ある企業の天才研究員が夢の共有?ができるマシンを発明して、
その器械をめぐり、イロイロな事件が起こってしまう?
という内容。

いきなりオープニングから、キチ○イ行列のオンパレードで、その総天然色さ加減に、
脳みそがクラクラ~してしまいます。
それから、ストーリーが進んで行く中で、だんだんとそのキチ○イ行列の意味がわかってくると、
またまた、
クラクラ~な気分になり、
「あー、キチ○イさんになってしまったときにの気持ちと言うのはこんな感じなのかな~!」と、
真夜中に何度も見たくなってしまうような、不思議な衝動に駆られます。

主人公の「パプリカ」と「敦子」さんのキャラクターには、日本の男性人がほとんど、
「萌え~!」してしまうような、小粋な設定にも共感がもてますね。

実はプランニングのコンセプターでもある、エスオとしては前から気になっていることがあるのです。

それは、日本人が作る物語性についてなのです。

以前、「風の谷のナウシカ」などでもそうでしたが、
物語の後半になると、ストーリーが複雑化してきて、
「ドロドロ、ぐちゃぐちゃ!」な展開になってしまうことです。
「ナウシカ」の場合、後半、オームの大群がやってきて、
巨人が現れて、なんだか大地が文字通り、
「ドロドロ、ぐちゃぐちゃ!」になってゆきます。

それから、「アキラ」というアニメもそうなのですが、こちらも、主人公のサイコキネシスト?
の鉄男君が、
なんだか最後のほうに「ドロドロ、ぐちゃぐちゃ!」になってしまいます。

今回の、パプリカでも、後半になるとやっぱり、「ドロドロ、ぐちゃぐちゃ!」になってしまうのですが、
これは、日本人の特徴を良くあわらしているんじゃないかな~?
と思う今日、この頃なのです。

日本人と言うよりも、アジア的な感覚、東洋風なイメージをとても強く感じます。
それは、一体何なのだろう?
と、ここ10年くらい思っていたのですが、パプリカを見て、その答えが少し判ったような気がします。

エスオ的には、日本には八百万(ヤオロズ)の神々がいて、800万もの神様が混在していると言う感じです、
アジアには、もっと多くの複雑怪奇な神々たちがいます。

そのような、多様な世界観、宗教観もっと言えば、自然観、地球的一体感が、
日本映画のエンディングを構成する、
あの、「ドロドロ、ぐちゃぐちゃ!」感覚へと続いてゆくような気がします。

しいて言えば、そう「宝船」に乗った「七福神」の神様たちや、年末の「酉の市」に現れる、
絢爛豪華な「熊手」などのデザインにも通じるものでしょうか?

それともう一つ、日本には四季があり、春夏秋冬、そして、梅雨があるので、
日本全国で作られているあの、おいしい漬物が出来るのだよ!

と、以前、教えてもらった記憶がありますが、あの、白いご飯にかかせない、漬物!
これが、日本人のアイデンディティーを作っている大切なもの、と言うことになるのでしょうか?

それであれば、あの、映画に良く出てくる「ドロドロ、ぐちゃぐちゃ!」なイメージも、
よく判るような気がするのでした。

そして、エンディング近く、巨大化した主人公がその悪役となる?
「ドロドロ、ぐちゃぐちゃ!」を、なぜか吸い取って成長してゆく、映像美の中に、
「あー、日本人、そしてアジアの世界観、宗教観は、こうなんだー!」
と、みょーに納得した、ステキなアニメ映画でした。

『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』の今 敏監督作品。原作/筒井康隆、
アニメーション制作/マッドハウス
による、2007年作品です。

スタジオジブリのアニメもいいけど、そろそろ違うのも見てみたいな~?
と思ったときは、ぜったい「パプリカ」をお勧めするよね。

http://www.sonypictures.jp/movies/paprika/site/home.html

 

「癒しのお部屋、その7」

 投稿者:エスオ  投稿日:2008年 1月 7日(月)14時50分22秒
  新年、おめでとうございます。

と言っても、もう7日が過ぎようとしています。

最近、ふと思ったのですが、
こんなに、年末年始や、季節を大切に扱うのは、
日本人くらいなのかな?と思う今日この頃です。

と言う感じで、今年も癒されつつ、よろしくです。

*****************************
「持っていてもそれを活用せず、財産を受けとってもそれを楽しまず、
 富を譲られてもそれを使わなければ、ないのと同じことである」

-- モウル(イギリスの批評家)--

『健康』とは、どのような状態をいうのでしょうか。

軽い風邪をひいていたり、仕事のし過ぎで疲れている、虫歯やちょっとした擦り傷
だって、悪いところがあるといえばあることになります。

身体に悪いところがなくても、考え方が健全でなければ健康ではないということは
わかりますが、身体も元気で考え方も異常でないという条件を満たしていれば、
元気がなくても、やる気や意欲を感じていなくても、その人は健康であるといってしまっていいののでしょうか。

ひとついえることは、私たちが生きていくうえでは、
今、自分が自分に対してどう思っているか、
何を見ているかということが重要だということです。

何も問題がないからとただ現状に立ち止まっているのではなくて、
今は完全な状態ではないとしても、少しでも良くなっていこう、
成長していこうと進んでいく方が、よっぽど健康だといえるのではないでしょうか。

 『幸せ』とは、どのような状態をいうのでしょうか。

これも人によっていろいろな定義はあるでしょう、でも、やっぱり幸せだって、
自分の心が決めるのでしょう。

自分が持っているもの、与えられた状態、恵まれていることをもっと楽しんで
活かしていくことが大切でしょう。

気づくだけでいいのです。

いままでも、そしてこれからも、ずっと幸せだったということに。

http://www.reiki.jp/

 

『NY流お料理パーティー』開催のお知らせ。

 投稿者:エスオ  投稿日:2007年11月20日(火)09時42分33秒
  こんにちは、

気がつけば、11月ももう終わりですね、
さっそくなのですが、すてきなパーティのお知らせです。

さて、
今年ももうすぐ1ヶ月『NY流お料理パーティー』を開催します。

ご自身のブログで、
NY流クッキングを主催している、
フードデザイナー、ホマリーさんとのジョイント企画です。

NYスタイルのセクシーでおしゃれなお料理で、
みなさんからも好評をいただいています。
オイシイお料理とワインで、エスオも今からから楽しみです。

ご興味のある方は、ぜひぜひお早めにエスオープランニングまで、ご連絡ください。
ではどうぞよろしくお願いいたします。

NY流クッキング
http://gramercy.exblog.jp/


日時 2007年11月29日(木)
    午後7時~
場所 月島、グランスイートタワー2509、ゲストルーム
    http://so-planning.net/about.html
会費:飲み放題+料理/4000円
    (ホマリーズキッチン、NY流のお料理、お酒をご用意します)。
エスオのコラム限定、6名様(早めに予約してくださいね)。

http://so-planning.net/about.html

 

10月はたそがれの月、

 投稿者:エスオメール  投稿日:2007年10月 5日(金)04時01分9秒
  「10月はたそがれの月」、
という、小説があります、

たしか中学生くらいのときに読んだ記憶があります。

作者は「レイ・ブラッドベリ」
アメリカのSF小説でした。

内容は、よく覚えていないのですが、
なんとなく、題名がステキで10月になると思い出します。

「レイ・ブラッドベリ」さんは、
とても情緒的な小説を書くことで有名です。

「火星年代記」「何かが道をやってくる」「華氏911」などが代表作ですね、

映画化されている作品も多いので、
秋の夜長に見ると、ちょっと楽しいと思います。

しかしながら、
あの、なんともいえない雰囲気を漂わせてくれる、
映画はなかなか、ないのが実情ですね、

あえて言えば、
昭和30年代の、TV番組、

「トワイライトゾーン」「アウターリミッツ」
などのフィーリングが会う作家さんです。

不思議で奇妙な感覚、、
なぜか、なつかしい感覚、、

日本の番組ですと、
「悪魔くん」「ウルトラQ]とかでしょうか?

ハリウッドムービー、DVDが全盛期の時代ですが、

あの、
ちょっと切ない、「摩訶不思議な火星の夕焼け」
みたいな、
なつかしい未来の映画が、
なぜか、無性に見たくなる、

今日この頃な、
10月です。

http://www.webinter.net/jrbfc/

 

「癒しのお部屋、その6」

 投稿者:エスオメール  投稿日:2007年 7月15日(日)05時03分15秒
  東京は、すっかり梅雨空になったかな~?
と思うと次の日は、真夏日と言う感じで、
2007年のお天気は、どんだけ~!

と言う感じですが、
今日も元気に癒されたいと思います。

*****************************
「運を開く秘訣は、各人がもつ喜びの中にある」
-- エマーソン(アメリカの思想家)--

 手紙を書くときには、慣れていないと何から書きはじめていいものか悩んで
 しまいます。

 気心の知れた友人に出す手紙ならまだいいですが、あまり親しくない人に
 書くとしたら、失礼がないか、ちゃんと用件は過不足なく伝えられているかと、
 気になってしまうでしょう。

 そんなときには、文例や模範文があると助かります。
 それを真似て書けば、何とか形になるものです。

 はじめは、そのまま書き写すことも仕方がないでしょうが、少しずつ、自分
 なりのオリジナリティを加えていかなければ、いつまでたっても側に文例集
 を置いておかなければならなくなってしまいます。

 人生も同じですね。

 憧れるような人や、目標とする生き方があったとしたら、はじめはそれを真
 似してみると、楽に自分を向上させていくことができます。

 でも、いつまでも真似を続けるのではなくて、少しずつ工夫して、自分なり
 の個性を出してみることが大切ですね。

 お手本に従って、前に歩いて行くことに自信が出てきたら、今度は、そこに
 自分なりのよろこびを付け加えていくことが必要でしょう。

 いつでも、歩くのは自分の足しかないのですから。

 きっと、あなたの心がワクワクするような生き方、心からすばらしいと思え
 る人は、必要なときには、必ず目の前に現れるでしょう。

 楽しみながら書いた手紙は、読んだ人も楽しくするでしょう。
 生きることを楽しんでいれば、まわりに人たちも楽しくすることでしょう。

癒しのことばより、
http://www.reiki.jp/

http://www.reiki.jp/

 

「企画アイデアの宝箱、パート9」

 投稿者:エスオメール  投稿日:2007年 5月30日(水)09時56分58秒
  こんにちは、
5月のゴールデンウィークも終わり、そろそろ2007年も半年が過ぎようとしていますね、

相変わらず、事件だ、政治だ、年金だ~!
と、毎日、朝目が覚めて、ワイドショーを見ると、うんざりする今日この頃ッス、

昭和30年代~40年代くらいは、もう少しのんびりした時代なのは、
情報が少なかったから、なのかしら、、
と思いつつ、久しぶりに、企画アイデアの宝箱シリーズです。


■ 今日のドットコム 「触りたい!と思わせる」

500%魅力激増、9割の人が目にとめ、そして46%も売上がアップする・・・。

そんな魔法のディスプレイが登場したようだ。Provision Entertainmentでは、
空中に浮かぶ立体ホログラムを使ったディスプレイを販売している。

これを使えば新商品が空中でぐるぐる回るホログラムを映し出す自動販売機な
ども実現可能だ。空中で札束が舞うスロットマシーンなんかも景気がよさそう
だ。

しかもこのホログラム、60メートル先からでも見ることができるので、情報過
多の時代に注目を集めたいときには最適だろう。

・Provision Entertainmentを見る
http://www.provisionentertainment.com/


■ 今日のドットコム 「コンテンツとしての質問」

自分がどう生きてきたかを後世に伝えたい。自分も含め、そう願う人は多いは
ずだ。

有名人であればテレビ局などが番組を作ってくれるが、そうでない人は
Totem-Softwareを使えばいいのかもしれない。

このソフトウェア、パソコンとウェブカムを使い、簡単に自伝番組を制作する
ことができる。

秀逸なのはインタビュー形式で番組を作っていくことができ、そのための質問
が数多く用意されている点だ。
興味深い質問ができれば番組が面白くなることは間違いない。


・Totem-Softwareを見る
http://www.totem-software.com/

出典:1 0 0 S H I K I.C O M
http://www.100shiki.com/
 

「仮面ライダー」の巻

 投稿者:エスオメール  投稿日:2007年 4月25日(水)17時31分20秒
  みなさん、GWは海や山に沢山繰り出すのでしょうか?

エスオっす、ごぶさたっす。

最近は、ブログやら、旅行日記やら、コミュやらで、イロイロなところに書き込みをする、
今日この頃ですが、
それらを統一して1つの自分だけの、マイスペシャルサイトがあったら良いな~!
と思う今日この頃ですが、皆さんはどう思いますか?

今回は、あのヒーローの中でも別格のTV番組「仮面ライダー」の巻です、

「仮面ライダー」は、日本人の30代~40代の男の子なら、誰でも知っている、
なつかしの石森章太郎(現在は、石ノ森章太郎)先生原作の怪奇アクションヒーローです。

こちらも、懐かしのTV特撮シリーズを21世紀の今、改めて検証したいと思います。
お断りですが「仮面ライダー1号、2号」と限定させていただきます。

<ポイントの整理>
1 疾走する恐怖、
2 怒涛の解説ナレーション、
3 戦闘員の雄たけび、

1の疾走する恐怖は一見普通のように見えますが、全然違うものと、エスオは思っています。

第一「疾走する」というのはいわゆる「思いっきり走る」行為であり、その後の「恐怖」というのは、なんとなく恐ろしいとか、
何かがヒタヒタとやってくるとか、
呪われるから恐ろしい、と言うことであって、
自分もしくは対象となる人は、基本的に静止(止まっている、佇んでいる、怖くて動けない)状態のことをいうのですが、仮面ライダーはまさしく「疾走する恐怖」なのです。

映像で確認してください、
まさしく走っています、移動しています、おまけにバイクで40キロ以上は出ていると思われます。

これはす、す、すごい発見だー!と思います。

次に、怒涛の解説ナレーション。

解説は、こんな感じです「仮面ライダー本郷猛は改造人間である、彼を改造したショッカーとは、世界制服をたくらむ悪の結社である、本郷武は改造人間として、ショッカーの医学チームにより、改造されたのだ。。」

と言う感じで、記念すべき第一回「怪奇くも男!」の中で、解説が述べられているのです、

その時の映像は、普通見るいつもの青い地球儀が、なぜか黒と白に塗られて、恐ろしい怪奇な手で地球儀をわしづかみにして、真っ赤な血が滴り落ちる映像に解説ナレーションがかかってくるのでした。

実は、最近の映画やドラマなど、ほとんど聞かれなくなったこの解説ナレーションがすごく良くて、
子供ごごろをわしづかみにされ、アマッサエハンマーで頭をたたかれたような記憶があるのは僕だけではないはずです。

かっこいいです。

最後は、戦闘員の雄たけびです、

戦闘員の雄たけびが、一体いつからか、どこから来ているのか、はたしてチェックすると、
第4話の「人食いサラセニアン」にかすかに、ゲロゲロ~みたいなコトバが出てくるのですが、意図的にはっきりと聞き取れるフレーズは「死神カメレオン前編、後編」からではないでしょうか?

初の2回シリーズモノで死神カメレオンくんの造詣もすばらしく、戦闘員たちはみんなで、「ギー!」とすごい雄たけびを上げているのです、
す、す、ステキだ~!

でも、この辺までは、戦闘員たちは黒のベレー帽をかぶり、顔は丸出しのアッパーライトの恐ろしい雰囲気をかもし出しています。

メイクも、サイケデリック調で、ザ・デストロイヤー調のマスクをかぶった戦闘員のほうが、
ちゃちい改造人間や、ロボット風で、人気がありますが、恐怖を醸成するイメージでは、
こちらのベレー帽戦闘員のほうが、風情があってステキです。

改めて、「仮面ライダー」を見ると、まさしく和製SF、お伽の国のお話、ジャパニメーションの原点があるのでした~!

は~、GWまで、たどり着けるのだろうか~?
って一体どこに~?

http://ja.wikipedia.org/wiki/

 

「花粉バイバイ、お花見会!」のお誘い。

 投稿者:エスオメール  投稿日:2007年 3月28日(水)16時33分37秒
  こんにちは、

日本は、とっても花粉の季節となり、
のんびり外にお出かけも、
大変な今日この頃ですね。

さて、
靖国神社の桜も、やっと咲き始めたようですが、
ささやかながら「花粉バイバイ、お花見会」を開きたく思います。

場所は隅田川が見えるリバーサイド、25Fのゲストルームになりました。

お花見にぴったりの一品を持ち寄り、
気軽に春のうららの隅田川を楽しんでくださいね。

もしかしたら、幻の水上バス、松本零二さんデザインの
「卑弥呼」がみれるかも~?

http://www.suijobus.co.jp/

お友達、お客様、お誘いあわせの上、
お気軽にご参加ください。



日時 2007年3月31日(土)
    午後4時~
場所 月島、グランスイート ゲストルーム
    http://www.cc.e-mansion.com/~sop/map.html
会費 2,500円(お料理とお酒をご用意する予定です、
       お好きなお料理又はドリンク~1品お持ちください)

恐れ入りますが、出席をご希望の方はメールを入れてくださいね。

-----------------------------------
エスオープランニング
「花粉バイバイ、お花見会」係。

add   soplan@oo.em-net.ne.jp

http://www.suijobus.co.jp/

 

レンタル掲示板
/8