teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人を業務上横領で刑事告発(0)(埼玉)15/06/28(日)14:59
  2. test 掲示板 (21)(さ)10/08/13(金)06:32
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:14/324 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

対策案を考えよう

 投稿者:sa  投稿日:2011年 3月25日(金)13時09分25秒
  通報 編集済
  本田宗一郎氏の居られた研究所時代は、地位に関係なく、志有る者で席を寄せ、このような場合は建設的論議がなされた。そうしてみよう。

   前置き
現実 下の写真(3/20投稿の)のように穴が開いている。 今の危険はメルトダウンによる滅亡的危険を避けるため、効果、方法はともあれ、冷却をしてそこにいたらないようにしている。 屋根、壁穴からの放射物質の流出は次(冷却後)と考え放置している。
推察される。
しかし、この穴から飛散した放射性物質は、すでに大気に撒き散らされ始め、これも一刻も早く対策しなければならない。 しかし、現地状況を知らぬまま、自分で特攻するわけではないので、アイデアのみ書いて批判を受けることはしかたないと思いつつ、このような方法を考え、対策の助けになれば、あるいは情報の不足の中で自分で判断する一助になればと、思う。
せめて今出来ることのひとつとしての提言になれば。

今の考え方は、体内被曝という事が最悪の最悪なので、つまりは放射性物質が飛び散らないように、今の穴を本格的工事でふさぐまでに出来る何かすべがないか考えて見ようというもの。

核反応が起きて出てくるガンマ線、中性子以前の放射物質粉というものが、まずは対策をしたい。 今、現場で戦われてる福島50(hukusimaー50と海外で呼ばれてるそうだ。)そしてそこに数えてももらえなくとも四苦八苦してる現地の方には、それどころではない雑音だろうが、設計屋の常として、何かお役に立ちたい。 必要があれば、はせ参じます。

(設計室掲示板の役目としても)

現地イメージを書いて見ます。
より建設的現実的効果を持つアイデアの溜まり場となるよう、より正しい、多くの情報を待っています。 
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/324 《前のページ | 次のページ》
/324